うたわれるもの 二人の白皇 (配信数 22 話)
視聴トラブルを発見した場合
作品情報
全体のあらすじ

「うたわれるもの」シリーズ最終章。全ての謎が、今解き明かされる。
「頼んだぜ、アンちゃん。」 帝の崩御から始まったヤマトの動乱。ヤマトの皇女・アンジュの毒殺未遂の嫌疑から追われる身となった右近衛大将・オシュトル。彼は戦いの末、仮面<アクルカ>の力を使い果たし、肉体と魂は世界の一部と化した。その別れ際、友であるハクにアンジュとネコネの未来を託す。オシュトルから仮面と意思を託されたハクは、ハクとしての人生を捨て、正体を偽り、仮面とともにオシュトルとして生きることを選んだ。そしてエンナカムイに逃れ、回復の兆しを見せたアンジュは、父である帝が残した皇女の地位を取り戻したいと立ち上がる。一方、ヤマトでは混乱に乗じて、八柱将であるライコウが偽の皇女を擁立し、国を掌握しようとしていた。やがてヤマト軍の侵攻は、本物の皇女を排除すべくエンナカムイへも及び……。ヤマト全土を巻き込む戦乱が、幕を開ける。「うたわれるもの」シリーズ最終章。全ての謎が、今解き明かされる。

(C)うたわれるもの二人の白皇製作委員会

スタッフ
原作:AQUAPLUS
監督:川村賢一
シリーズ構成:横山いつき
キャラクター原案:甘露 樹・みつみ美里
キャラクターデザイン・総作画監督:中田正彦
プロップデザイン:鈴木典孝・岩畑剛一
美術設定:天田俊貴
文字デザイン:コレサワシゲユキ・灯夢
美術監督:高峯義人
色彩設計:佐藤美由紀
特効監督:谷口久美子
撮影監督:横山 翼
3DCG:サンジゲン
編集:後藤正浩
音響監督:山口貴之
音楽:AQUAPLUS
オープニングテーマ:「人なんだ」/Suara(フィックスレコード)
エンディングテーマ:「百日草」/Suara(フィックスレコード)
アニメーション制作:WHITE FOX
製作:うたわれるもの二人の白皇製作委員会
キャスト
オシュトル(ハク):利根健太朗
クオン:種田梨沙
アンジュ:赤﨑千夏
ネコネ:水瀬いのり
ルルティエ:加隈亜衣
アトゥイ:原 由実
ノスリ:山本希望
オウギ:櫻井孝宏
ウルゥル:佐倉綾音
サラァナ:佐倉綾音
キウル:村瀬 歩
ヤクトワルト:江口拓也
シノノン:久野美咲
ムネチカ:早見沙織
フミルィル:儀武ゆう子
ライコウ:置鮎龍太郎
ミカヅチ:内田夕夜
ウォシス:菊池幸利
マロロ:杉山 大
シチーリヤ:三宅麻理恵
ソヤンケクル:最上嗣生
オーゼン:佐々木義人
トキフサ:志賀麻登佳
デコポンポ:大川 透
ボコイナンテ:中西としはる
イラワジ:白熊寛嗣
トリコリ:藤田昌代
シス:山村 響
ヤシュマ:田丸篤志
ゲンホウ:大川 透
イタク:小林裕介
アルルゥ:沢城みゆき
カミュ:釘宮理恵
ウルトリィ:大原さやか
カルラ:田中敦子
トウカ:三宅華也
クロウ:小山剛志
ベナウィ:浪川大輔
オボロ:桐井大介
ドリィ:渡辺明乃
グラァ:渡辺明乃
ムント:白熊寛嗣
放映期間
2022年

各話一覧

第1話 鉄扇と共に

決死の救出劇の末、故國エンナカムイまで逃げおおせたオシュトル(ハク)達。しかし、敵の動向は未だ掴めず、予断を許さぬ状況が続いていた。もはや戦火は避けられない――オシュトル(ハク)は近く来たる戦に備え、動き出す。本物の皇女を守る為、そして……己に全てを託した友との誓いを果たす為に。

視聴する
第2話 覚悟の在処

オシュトル(ハク)との合流を急ぐべく、キウルは帝都からオシュトルの近衛衆を率いてエンナカムイを目指していた。しかし、國境を目前に控え、その動きを読んでいたヤマト軍が急襲をかける。果敢に応戦するキウル達だが、長旅による消耗も重なり窮地に立たされてしまう。絶体絶命の危機――そこへ馳せ参じたのは、援軍を率いたオシュトル(ハク)であった。一方で混乱の渦中にある帝都では、八柱将の一人・ライコウが不穏な動きを見せていた。

視聴する
第3話 その道を紅く染めて

オシュトル(ハク)の首を狙い、八柱将デコポンポは自ら兵を率いてエンナカムイへと侵攻する。圧倒的な戦力を以て蹂躙せんとするデコポンポの軍勢を前に、エンナカムイはすぐに陥落するかのように思われた。しかし、オシュトル(ハク)による地の利を生かした策が功を奏し、戦局は一変。次第に追い詰められていく自らの軍勢をよそに、デコポンポは不敵な笑みを浮かべていた。

視聴する
第4話 戻れぬ想い

ヤマトから海を隔てた遥か西方、神の眠りし國トゥスクル。そこで長いまどろみから目覚めたクオンは小さな違和感を覚える。何か大切なことを忘れている――失われた記憶の糸を辿ろうとするクオン。それは、ヤマト遠征から帰還したクロウの話を聞くうちに鮮明になっていく。

視聴する
第5話 対なるもの

数に勝るデコポンポ軍に圧勝し、勝利に沸くエンナカムイ軍。その最中、チキナロと名乗る行商人が訪れる。彼はクオンから依頼され、アンジュの為に妙薬を届けに来たと言う。妙薬のおかげで順調に快方へ向かっていくアンジュ。ようやく元気を取り戻した彼女は、自らが置かれた厳しい現実を知ることになる。

視聴する
第6話 覇道皇女

説得の為、帝都より来訪した左近衛大将ミカヅチ。しかし、アンジュはこれを受け入れず交渉は決裂した。決着をつけるべく始まったオシュトル(ハク)とミカヅチの一騎打ち。怒りと使命に燃えるミカヅチの猛攻を前に、オシュトル(ハク)は次第に追い詰められてゆく。諦めかけたその時、脳裏に浮かんだのは亡き友の姿。決死の覚悟と共に、オシュトル(ハク)は仮面に秘められし力を解き放つ。

視聴する
第7話 奏上の時

突如、エンナカムイへと来訪したトゥスクルの皇女。彼女はトゥスクル全軍によるヤマト全土の制圧を掲げ、オシュトル(ハク)達へ隠遁するよう告げた。トゥスクル皇女の身勝手な言い分に憤激し、果敢にも挑みかかるアンジュであったが、一方的に打ちのめされてしまう。己の無力さに涙するアンジュを奮い立たせたのは、ある男の言葉だった。

視聴する
第8話 帰還

トゥスクルを離れ、エンナカムイの仲間達の元へ帰ってきたクオン。再会を祝し、アンジュは盛大に宴を催すことに。宴が始まり、仲間達が笑顔を見せる一方で、主賓のクオンはどこか落ち着かない様子を見せる。心当たりのあるアトゥイは、半ば無理矢理に彼女を連れ出し……。

視聴する
第9話 笛の音

来る戦に備え、オシュトル(ハク)達はクジュウリと同盟を結ぶべく出立する。一行を出迎えたクジュウリ皇オーゼンは、愛娘ルルティエの帰郷とアンジュの来訪を大いに歓迎。同盟の提案に好意的な意向を示すクジュウリ側であったが、これに異を唱えたのは長女シスであった。困惑するオシュトル(ハク)達をよそに、同盟締結の条件としてシスはある提案を申し入れる。

視聴する
第10話 策動の森

束の間の休息を取るオシュトル(ハク)の元に届いた一通の文――それは、イズルハを治める八柱将トキフサより同盟の申し入れであった。その真意を探るべくイズルハへと赴いたオシュトル(ハク)達は、國の情勢に詳しいノスリの父ゲンホウの元を訪ねることになる。久しぶりに帰郷することになったノスリは複雑な表情を浮かべていて……。

視聴する
第11話 長の証

トキフサから長の証である金印を奪取したオシュトル(ハク)達。そこへヤマト軍がエンナカムイへ向けて進軍を開始したとの報せが届く。急ぎエンナカムイへの帰路を往く一行の前に立ちはだかったのは、金印を奪われ怒りに燃えるトキフサだった。慣れぬ地で不利な戦いを強いられるが、オシュトル(ハク)達は互角に渡り合う。しかし、トキフサが周到に巡らせていた策に嵌り、窮地に立たされてしまうのだった。

視聴する
第12話 妄執の炎

同盟國を増やし、着実に戦力を増していくエンナカムイ。次なる手を模索する中、シャッホロ皇ソヤンケクルとナコクの皇子イタクが来訪する。ヤマト軍の急襲により陥落した首都ナァラ奪還の為、力を借りたい――イタクの嘆願を重く受け止めたオシュトル(ハク)はナコクへ向けて出立する。その頃、遠くナァラ城ではオシュトルの首を狙い、因縁の相手が今か今かと待ち構えていた。

視聴する
第13話 復興の誓い

ナコク侵攻を先導したのは、かつての仲間マロロであった。変わり果てた友の姿に心を痛めつつも、オシュトル(ハク)は懸命に真実を伝えようとする。だが、その声も虚しく、不利を悟ったマロロは戦場を後にするのだった。戦に勝利するも、國の象徴である大橋を失い嘆くイタク。しかし、勝利に沸く兵達の姿に勇気づけられ、國の再建を胸に立ち上がる。それを助ける為、アトゥイはナコクに留まることを決意するのだった。

視聴する
第14話 決戦前夜

いくつも同盟國を得て、エンナカムイの戦力はようやくヤマト軍と拮抗するに至った。決戦を目前に控え、オシュトル(ハク)は一人、実家を訪れる。オシュトルの母であるトリコリと穏やかな時を過ごす二人。まるで本物の家族のように語らう中、ふと、トリコリは問いかける。それはオシュトル(ハク)にとって思いもよらぬ一言であった。

視聴する
第15話 死中に活あり

ヤマトの行く末をかけた大戦は、戦力で勝るエンナカムイ連合軍が優位に立つかのように思われた。しかし、ヤマト軍の統率された動きに進軍を阻まれ苦戦を強いられてしまう。膠着した状況を打開すべく、一転攻勢に出ようとするオシュトル(ハク)だったが、突如兵糧置き場から火の手が上がる。それは復讐に燃えるマロロの策略であった。

視聴する
第16話 豪雄激突

ヤマト軍の伝令を担う通信衆を討つべく、オシュトル(ハク)達は二手に分かれて動き出した。これを阻止すべく、ライコウの命を受けたミカヅチが現れる。決死の覚悟で戦うオシュトル(ハク)が作りだした隙を突き、ノスリとキウルは通信衆を射抜くことに成功。ヤマト軍の統制は瓦解し始めるも、オシュトル(ハク)との決着を望むミカヅチの戦意は消えていなかった。雌雄を決すべく、男達は仮面の力を解き放つ。

視聴する
第17話 決意の対価

ヤマト軍と一進一退の攻防を続ける連合軍。この拮抗を破るべく、ライコウの命により大正門の中からミカヅチ率いる軍勢が現れる。長引けば不利となる――この戦いが勝負所と見たオシュトル(ハク)は、全戦力を以て攻勢へ転じることに。その様子を眺め、不敵な笑みを浮かべるライコウ。全てはオシュトル(ハク)達を一網打尽にする為の策略であった。

視聴する
第18話 大願を胸に

友の死を越え、聖廟へと辿り着いたオシュトル(ハク)と仲間達。一行を待ち構えていたのは、此度の元凶であるライコウだった。彼が語る帝からの自立と言う悲願、それが帝の意志を継ぐアンジュ自身によってここに体現された今、自らの望みが果たされたことを悟る。しかし、主の敗北を認めたくないシチーリヤがライコウに差し出したもの。それは強大すぎるが故に封じられた、かつて帝が作りし仮面であった。

視聴する
第19話 残された役目

國の未来をかけた大戦は終結し、ヤマトには久方ぶりの平和が訪れていた。帝都で職務に勤しむ傍ら、今後について思いを巡らせるオシュトル(ハク)の元に現れたウルゥルとサラァナ。彼女達に導かれた先は、聖廟の地下に広がる帝の庭園であった。死した帝に代わり、オシュトル(ハク)をここに招いた者の目的とは……。

視聴する
第20話 トゥスクルへ

各地に残る旧時代の遺産を自在に動かす秘宝・マスターキー。オシュトル(ハク)は帝の願いを受け、それが眠ると言うトゥスクルを訪れていた。実家へ戻ると言うクオンと別れ、彼は一人、トゥスクル皇オボロとの謁見へ臨む。しかし、漂う緊張感をよそに謁見は挨拶のみで終わり、歓迎の宴が催されることに。宴が大いに盛り上がる中、突如トゥスクル皇女はオシュトル(ハク)に迫る。――我に仕えよ、と。

視聴する
第21話 人を継ぐ者

大神ウィツァルネミテアを祀る神域、オンカミヤムカイ。その管理を任される賢大僧正ウルトリィに導かれ、オシュトル(ハク)達はマスターキーへと近づいていく。地下に広がる古の遺跡を抜けた先、一行を出迎えたのは荘厳な社だった。異彩を放つそれを訝しむオシュトル(ハク)だが、その時、仮面が小さく共鳴を起こす。社の中で一行を待つ、ただならぬ気配を纏う存在とは……。

視聴する
第22話 叡智への扉

突如現れたウォシスはマスターキーを手にし、自らこそが帝の正統な後継者だと告げた。その強引なやり方を受け入れられず、オシュトル(ハク)は救援に訪れたミカヅチ達と共に戦いに臨む。しかし、ウォシスが呼び出した異形の化け物に苦戦を強いられ、奮闘虚しくマスターキーは持ち去られてしまう。急ぎ後を追おうとするオシュトル(ハク)を引き止めるエルルゥ。彼女が差し出した社の主からの餞別、それは原初の仮面であった。

視聴する
(C)うたわれるもの二人の白皇製作委員会
会社概要
サイト利用規約