装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端 (配信数 5 話)
視聴トラブルを発見した場合
作品情報
見どころ
『ボトムズ』TV版オンエアから約10年。その間リリースされた関連作品は、シリーズの隙間を描くものか外伝で、後日談は禁じ手になっていた。本作はその「禁」を破って作られた「続編」である。TVシリーズ最終回、戦争に絶望したキリコはフィアナと冷凍睡眠カプセルで宇宙を漂うことを決意する。そのカプセルが回収されて蘇生したキリコには、かつて以上の苦難が襲いかかる。みどころは汎銀河宗教結社マーティアルのスケール感、そして生体兵器の女性テイタニアとの息詰まる戦いだ。監督は『MSイグルー』の今西隆志で、徹底してハードなアクション描写が魅力的。特にフィアナを見舞う運命の凄絶さは見逃せない!【アニメ評論家 氷川竜介】
全体のあらすじ

鉄の棺の蓋が開く
キリコとフィアナがコールドスリープについてから32年、ギルガメスとバララントの戦争はいまだに続いていた。そんな中、コールドカプセル蘇生センターにキリコたちのカプセルが回収される。汎銀河結社マーティアルは“触れ得ざる者”と議定したキリコの復活に、類人兵器ネクスタントであるテイタニアを送り込み…。

(C)サンライズ

スタッフ
原作・総監督:高橋良輔
監督:今西隆志
脚本:吉川惣司
キャラクターデザイン:塩山紀生
メカニカルデザイン:大河原邦男
デザインワークス:出渕 裕
音楽:乾 裕樹
キャスト
キリコ:郷田ほづみ
フィアナ:弥永和子
テイタニア:松岡洋子
ロッチナ:銀河万丈
モンテウェルズ:山内雅人
ゴディバ:江原正志
ノスコヴィッツ:笹岡繁蔵
法皇テオ八世:坂東尚樹
マオリ:掛川裕彦
放映期間
1994年

各話一覧

第1話 回帰

キリコとフィアナが眠りについて32年。二人のコールドカプセルが宇宙工場群コンプラントに回収、蘇生された。“触れ得ざる者”キリコ覚醒の報は、汎銀河結社マーティアルを震撼させる。聖地アレギウムの命により、類人兵器ネクスタントであるテイタニアが、キリコと接触する。

視聴する
第2話 アレギウム

連れ去られたフィアナを追うキリコと、テイタニアの戦いが始まった。激しい戦闘によって動力部に損傷を受けたコンプラントは、惑星マナウラ地表に墜落してしまう。キリコの生存が確認されなかったため、その功績を携えたモンテウェルズは聖地アレギウムに乗り込んでいく。

視聴する
第3話 巡礼

次期法皇の座を巡り、モンテウェルズの功罪が長老会議で沙汰される。嫌気から議事堂を抜け出し、ロッチナという老人に出会うテイタニア。その頃、コンプラント墜落によって重傷を負ったキリコは、マナウラ軍の軍医長ゴディバに救われ、フィアナを捜すべく動き始めていた。

視聴する
第4話 臨界

長老会議の大勢は、モンテウェルズの政敵グノー枢機卿へと傾きつつあった。だが、キリコ蘇生がグノーの仕組んだものと告発され、形勢は一変する。一方、巡礼者にまぎれ込んで惑星ジアゴノにやってきたキリコは、フィアナを奪回するべく、ATで聖地アレギウムに突入する。

視聴する
第5話 触れ得ざる者

聖地アレギウムの根本聖堂へ侵入したキリコを、新法皇モンテウェルズの命により迎え撃つテイタニア。モンテウェルズは強制的に、テイタニアの補助脳を起動させる。ネクスタントの圧倒的な戦闘能力の前に、追いつめられていくキリコ。だが、一発の跳弾が奇跡を起こした……。

視聴する
(C)サンライズ
会社概要
サイト利用規約