鉄のラインバレル (配信数 24 話)
視聴トラブルを発見した場合
作品情報
見どころ
清水栄一・下口智裕のロボット漫画を日高政光監督とGONZOがアニメ化。正義に憧れる14歳の少年が、空から落下してきた巨大人型メカ「ラインバレル」の圧倒的なパワーを手に入れる。巨大ロボ戦は特技監督の板野一郎によるCG描写でメリハリの効いたスピーディーなビジュアルで、見ごたえ充分。主人公の浩一は力とひきかえに友を失い、新たな仲間と使命感を得て成長していく。シリアスだけに傾かず、全体に漂うユーモラスな雰囲気とお色気描写がアニメ版独自の味わいを出している。敵側の真意や大決戦などストーリー展開も意外性にあふれ、クライマックスで浩一の抱いてきた「正義を信じる心」が人びとの心を揺り動かすシーンも実に感動的だ【アニメ評論家 氷川竜介】
全体のあらすじ

手に入れたのは、巨大ロボットと美少女
代償は――「キミの命」

早瀬浩一は、ある日“事故”により、少女と出会い、巨大人型メカ「ラインバレル」を手に入れた。何も出来ず、正義に憧れているだけだった少年の周りは、彼が圧倒的な力を手に入れたことでめまぐるしく動き始める。新しい仲間と出会い、友人と別れ、守るものを背負い、自らを囲む世界と向き合い、少年は成長してゆく…。

(C)2008 清水栄一・下口智裕・秋田書店/GONZO/ラインバレルパートナーズ

スタッフ
原作:清水栄一×下口智裕
掲載:秋田書店 「月刊チャンピオンRED」
監督:日高政光
クリエイティブプロデューサー:谷口悟朗
シリーズ構成・脚本:吉村清子
特殊設定・脚本:森田 繁(スタジオぬえ)
キャラクターデザイン・総作画監督:平井久司
メカニカルデザイン:鈴木 勤
特技監督:板野一郎
3Dディレクター:白井宏旨
色彩設計:鈴木依里
美術監督:池田繁美(アトリエ・ムサ)
撮影監督:荻原猛夫
編集:三嶋章紀
音響監督:三間雅文
音楽:コーニッシュ
音楽制作:フライングドッグ/フューチャービジョンミュージック
アニメーション制作:GONZO
製作:ラインバレルパートナーズ
キャスト
早瀬浩一:柿原徹也
城崎絵美:能登麻美子
加藤久嵩:福山 潤
森次玲二:中村悠一
山下サトル:沢城みゆき
遠藤シズナ/イズナ:植田佳奈(シズナ)/釘宮理恵(イズナ)
九条美海:平野 綾
レイチェル・キャルヴィン:斎藤千和
石神邦生:中田譲治
緒川結衣:大原さやか
矢島英明:四宮 豪
新山理沙子:下屋則子
道明寺 誠:金野 潤
菅原マサキ:千葉進歩
沢渡拓郎:稲田 徹
ユリアンヌ・フェイスフル:篠原恵美
中島宗美:野島裕史
ジャック・スミス:佐藤美一
桐山英治:速水 奨
放映期間
2008年

各話一覧

#01 クロガネと少年

早瀬浩一は、どこにでもいる、ごく普通の中学3年生。何も出来ず、正義に憧れているだけだった彼は、ある日“事故”により、巨大人型メカ「ラインバレル」のファクター(搭乗者)となる。圧倒的な力を得た浩一は謎の美少女、城崎絵美との出会いをきっかけに、襲いくる敵に戦いを挑んでゆくが…!?

視聴する
#02 疾走する正義

秘密結社、加藤機関の沢渡と激闘を繰り広げた浩一だが、ラインバレルの活躍について一切報道されていないのが気にくわない。浩一は、ファクターとなったことで手に入れた人並み外れた身体能力で、いつも自分をイジめていた不良グループをシメ返す。幼馴染の理沙子と矢島は、その変わりように不安を覚えるのだった…。

視聴する
#03 蒼の戦慄

ラインバレルを巡る、加藤機関とJUDAとの戦いで、街に大きな被害を出した浩一。周囲の人々を巻き込んでしまったことに、城崎は自責の念にかられるが、浩一本人はその自覚がなく、自分が正義の味方であることを信じて疑わない。そんな浩一の前に、JUDAのエースパイロット森次玲二の操るヴァーダントが現れた…!

視聴する
#04 正義の代償

ラインバレルを失った浩一は、自暴自棄に陥り、一般人を相手に暴力を振るう。ファクターである浩一に、生身で勝てる者はもういない。矢島は、浩一を心配する理沙子のために、浩一に向き合うことを決意する。降りしきる雨の中、矢島と拳を交える浩一。そこへ、加藤機関のハグレマキナが現れる…!

視聴する
#05 明日への道標

ラインバレルの暴走で気を失い、JUDAに保護された浩一。石神社長は、マキナのことや加藤機関の知識を浩一に与える。浩一は石神から、正義の味方として一緒に戦おうと誘われる。その頃、JUDA特務室メンバーである双子の遠藤シズナと遠藤イズナは、加藤機関のアルマ部隊の攻撃を受け、危機に陥っていた…!

視聴する
#06 明るい夜

JUDAの一員となった浩一は、学校とJUDAとを行ききする生活をスタートさせる。社員寮やショッピングモールが完備されたJUDAは、浩一にとって驚きの連続だ。そんな中、特務室では、浩一たちの歓迎会が催されることになった。彼らに課せられた、ある使命とは…!?

視聴する
#07 サイアクな放課後

クラスメイトの道明寺誠が、なれなれしい態度で城崎に接触してきた。迷惑する城崎をかばい、道明寺に闘いを挑む浩一だったが、浩一の拳は彼にかすりもしない。道明寺とは、いったい何者なのだろうか…? そして、JUDAに浩一を訪ねてきた、ある人物とは…!?

視聴する
#08 戯れの鬼たち

合衆国の米軍基地に、森次、美海、浩一が駆けつける。目的は、撤退する米軍輸送機の支援と、敵の掃討。浩一にとっては、今回が初めての正式任務だ。森次&浩一組に立ちはだかるのは、加藤機関のマサキとユリアンヌ。一方、ペインキラーで一般兵士の避難を援護していた美海は、新たな敵のマキナに攻撃を受けて…!?

視聴する
#09 ブラック・チェンバー

加藤機関が世界中に設置している、スフィアという謎の球体。その目的を探るため、浩一たちJUDA特務室メンバーは、南米にある加藤機関のアルマ生産基地へ向かう。「森次さんの身体の異常に気づけなかった――」自責の念にかられている山下は、自分のミスで森次が窮地に立たされたことで我を失ってしまい…!?

視聴する
#10 OVER DRIVE

クリスマス一色の街。理沙子主催のクリスマスパーティに呼ばれた浩一。同じくJUDA特務室でも、クリスマスパーティの準備がされていた。そこへ、米軍の衛星兵器が加藤機関に乗っ取られたという情報が入る。このままでは、世界各地が爆撃されてしまう。衛星兵器の狙撃任務を託された浩一は、山下と宇宙へと向かった…!

視聴する
#11 SUPER NOVA

浩一と山下を宇宙で出迎えたのは加藤機関の王政陸。彼はアルマのヤオヨロズで衛星兵器を制御し、世界各地に同時攻撃を仕掛けていた。浩一はヤオヨロズの撃破を狙うが、予想のつかない相手の動きと速さに苦戦を強いられる。地上からの衛星兵器破壊作戦も失敗し、ついにラインバレルも攻撃可能エリアから外れてしまった…!

視聴する
#12 南海より愛をこめて

慰安旅行で、南の島へとやってきた浩一たちJUDA特務室メンバー。石神社長のお茶目な計らいで、なぜか理沙子と道明寺までいる。理沙子と城崎のどちらが本命なのかと道明寺に問われ、浩一はしどろもどろ。そんな中、城崎や山下、美海、シズナ、緒川らが次々に姿を消していき…!?

視聴する
#13 黒の執行者

南の島での浩一と理沙子の一件で、道明寺らクラスメイトと特務室メンバーは大盛り上がり。だが一人、城崎の表情は固い。浩一は城崎と気まずい雰囲気になり、複雑な心持ちだ。ミーティングに呼ばれ、社長室へ向かう浩一と山下。その時、社長室から銃声が響いた…。

視聴する
#14 流れるは血、失うは涙

次々と起きる予想外の事件。明らかになったラインバレルの秘密。浩一はショックを受け、緒川たちは悲しみに暮れる。一方、加藤機関と繋がっていた桐山は日本掌握を着々と進め、実質、日本は桐山と加藤機関に支配されてしまった。JUDAは反国家的武装集団と認定され、特殊自衛隊の迅雷チームがJUDAを襲撃する…。

視聴する
#15 ベクトル

浩一と城崎は、横須賀の米軍基地に保護された。ジュディ・ブラウンの力添えだ。少しずつ記憶を取り戻しつつある城崎は、それを思い出すのが怖いと浩一に吐露する。不安で押しつぶされそうな城崎を見て、浩一はゆっくりと決意する。そこへ、ラインバレルを狙い、沢渡のイダテンとデミトリーのカグツチが襲撃してきた…!

視聴する
#16 黄昏の断罪

ばらばらだった特務室メンバーが一堂に会する。目指すは、桐山政権に乗っ取られたJUDAの奪還だ。浩一がラインバレルで桐山を引きつけている間に、非常用ルートから侵入する城崎や山下たち。だが彼らを待っていたのは、JUDA最強のセキュリティシステムだった…!

視聴する
#17 機械じかけの呪い

予想外の出来事に、戸惑うばかりの理沙子と浩一。一方、JUDAはマスコミから暴徒扱いを受け、孤立無援状態に陥っていた。その状況を打破しようと、シズナが提案したある作戦とは? 「超究極戦隊軍団スーパー機械ロボ☆キバイダー」の唄が御崎町に響き渡る…!

視聴する
#18 メメント・モリ

城崎が連れ去られた。今すぐにでも助けに行きたい浩一だが、状況を考えると安易に飛び出すわけにもいかない。浩一は逡巡するが、仲間たちに促され、指定された場所へと急行する。そこで待っていた意外な人物とは…!?

視聴する
#19 届く陽(ヒカリ)、暴かれる陰(カゲ)

マサキのグラン・ネイドルが最後のスフィア設置を始めた。美海、山下、道明寺の迅雷部隊が応戦するが、力の差は圧倒的だ。一方、城崎を救出し、JUDAへ戻ろうとする浩一を矢島が足止めする。戦いをやめて理沙子のもとへ戻れと主張する矢島。相容れない二人。アパレシオンとラインバレル、矢島と浩一が拳を交える…!

視聴する
#20 運命の男(ひと)

不調が続く美海は、がむしゃらにトレーニングに打ち込んでいた。身も心もぼろぼろになっていく美海に明るく笑いかけ、励ます浩一。瞳を潤ませ、美海は、ついに…。一方、スフィアは、衛星軌道上に空間の歪みを作り、多次元からの侵略者を迎え入れるためのシステムだった。シズナとイズナは国連で世界の危機を訴えるが…。

視聴する
#21 狂気の翼

スフィアの起動を食い止めに向かう浩一たち。一方、別行動を取る山下は、手紙で指定された富士山麓青木ヶ原樹海で、かつて特務室室長であった森次と再会する。「森次さんを終わらせる――」そう言い残し、JUDAとの通信を切る山下。浩一はラインバレルで現場へ急行するが、その時、無数の迅雷部隊が襲撃してきた…!

視聴する
#22 鬼を喰らうモノ

立ちはだかる最強の敵――森次玲二。彼は浩一たちに、いかに未熟で力のない存在かという現実を厳しく突きつける。浩一は一歩も引かず、森次に立ち向かう。ヴァーダントと激しい戦闘を繰り広げる中、ラインバレルが見せたものとは…!?

視聴する
#23 死に方が決める生き方

次元を超え、敵の侵攻が始まった。浩一たちは地球防衛のために動き出す。ラインバレルの使命は、次元の歪みをエグゼキューターで断ち切り、全ての敵を時空の狭間に叩き込むこと。浩一はラインバレルで宇宙へと飛び出すが、その時、城崎たちが敵の奇襲を受け…!?

視聴する
#24 鋼鉄の華

早瀬浩一は、どこにでもいる、ごく普通の中学生だった。彼はラインバレルのファクターとなったことで、仲間と出会い、友を失い、守りたいものに気づいた。そして――。慟哭する浩一。ラインバレルがついに、本当の姿を見せる…!

視聴する
(C)2008 清水栄一・下口智裕・秋田書店/GONZO/ラインバレルパートナーズ
会社概要
サイト利用規約